特定疾病

特定疾病とは

 長期に渡って、著しく高額な治療が必要な厚生労働大臣が定める次の3つの疾病について、申請により、自己負担限度額を認定する「特定疾病療養受療証」を交付することができます。
 こちらを被保険者証と併せて医療機関に提示していただくと、次の自己負担限度額までの支払で済みます。
 
  1. 人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全
  2. 血しょう分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)
  3. 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る。) 


「特定疾患」・「指定難病」は別の制度です。詳しくは「神奈川県特定疾患医療給付制度」(外部リンク)「神奈川県特定医療費(指定難病)医療費助成制度」(外部リンク)をご参照ください。

特定疾病療養受療証の自己負担限度額

  • 所得要件に適用される所得は「旧ただし書所得」です。「旧ただし書所得」とは、所得から基礎控除額の33万円を差し引いたものになります。
  • 国民健康保険加入者に所得不詳者がいる世帯は、区分が上位所得者となり、正しい区分で算定ができません。所得が0であっても申告をお願いします。

 次の2区分に分かれます

  • 区分:上位所得者
  • 所得要件:70歳未満の人工腎臓(人工透析)に係る場合で、世帯の所得が601万円以上の方、又は、国民健康保険加入者に所得不詳者がいる世帯
  • 自己負担限度額:20,000円


 

  • 区分:一般
  • 所得要件:それ以外の世帯
  • 自己負担限度額:10,000円

申請方法など

申請に必要なもの  

 

申請場所

平塚市役所本館1階 117番窓口 (保険年金課給付担当)

 

申請時期

 随時、受け付けております。また、原則、即時交付となり、お渡しが可能です。
 なお、原則、申請月の1日から有効なものを交付します。申請月より前から有効なものが必要な場合は、医療機関との調整が必要になりますのでご相談ください。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8776(給付担当) /0463-21-8775(保険税担当) /0463-21-8777(国民年金担当) /0463-21-9768(後期高齢者医療担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?