国民健康保険の脱退手続き

 職場の健康保険等に加入した場合、転出により他の市町村の国民健康保険に変わった場合などには、国民健康保険の脱退手続きが必要となります。14日以内に届出をしてください。

 国民健康保険の脱退手続きをしないと、国民健康保険税が課税されたままとなります。

 届出の有無にかかわらず、資格喪失後、保険証は使えなくなります。資格を喪失後に平塚市国保の保険証で医療機関を受診した場合には、平塚市が医療機関に支払った医療費を世帯主から返還していただきます。その後あらためて、受診時に加入していた健康保険組合等に世帯主本人が請求する手続きが必要です。

 年度初めの4月1日から5日頃までは窓口が大変混みあいますので、各種手続きに時間がかかる場合がございます。

脱退手続きが必要な場合と必要なもの

 平成29年11月13日からマイナンバー制度における情報連携の本格運用が開始されましたが、国民健康保険を含む医療保険分野の情報連携については、必要な情報を確認できない場合があります。
 確実にお手続きをお受けするため、手続きの際には「手続きに必要なもの」に記載のある書類をお持ちくださいますようお願いいたします。
 
手続きが必要な場合 手続きに必要なもの
平塚市から転出するとき
  • 国民健康保険証(異動者全員分)
  • 認印
  • 届出人(世帯主)と異動者のマイナンバーカードまたは通知カード

他の健康保険に加入したとき
他の健康保険の被扶養者になったとき

  • 国民健康保険証(異動者全員分)
  • 他の健康保険の保険証(異動者全員分)
  • 認印
  • 届出人(世帯主)と異動者のマイナンバーカードまたは通知カード
※この場合は郵送での脱退手続きが可能です。詳細は「郵送での脱退手続きについて」をご覧ください
生活保護を受けることになったとき
  • 国民健康保険証
  • 認印
  • 生活保護開始決定通知書
  • 届出人(世帯主)と異動者のマイナンバーカードまたは通知カード
加入者が死亡したとき
  • 国民健康保険証(全員分)
  • 認印
  • 届出人(世帯主)と異動者のマイナンバーカードまたは通知カード
 
  • 住民票上の別世帯の方が代理で手続きされる場合は、委任状(ひな型)[PDF-214KB]が必要となります。
  • 平日に届出ができない方は、毎月第4土曜日午前の窓口開庁をご利用ください。

申請場所

平塚市役所本館1階 115番窓口 (保険年金課保険税担当)

現在の窓口混雑情報、混雑予想カレンダーの確認ができます

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8776(給付担当) /0463-21-8775(保険税担当) /0463-21-8777(国民年金担当) /0463-21-9768(後期高齢者医療担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?