2-2 療育手帳

 療育手帳は、知的に障がいのある方が、療育・援護を受けたり、各種の福祉サービスや制度の優遇を受けやすくするものです。

 各都道府県・政令指定都市が発行し、知的障害者福祉法等の規定により、A1・A2・B1・B2の4区分があります。発行の対象となる方は、児童相談所、あるいは総合療育相談センターで知的障害と判定された方です。

 身体障害者手帳とは異なり、知的障害と判定された場合でも、必ずしも療育手帳を取得する必要はありません。しかし、その場合はサービスや制度の優遇が受けにくくなります。

 

療育手帳の申請は

 療育手帳の取得には、児童相談所、あるいは総合療育相談センターでの判定が必要です。18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は総合療育相談センターで判定を受けていただきます。特に、18歳以上の方が療育手帳を申請する場合には、障がい福祉課での面談が必要になりますので、お手数ですが事前に障がい福祉課まで御相談ください。お電話でも結構です。

 先ほども触れましたとおり、療育手帳は御希望の方のみ交付するものですので、交付希望の場合は、御本人の写真(概ね上半身が写ったもの、大きさは縦4cm×横3cm)を障がい福祉課までお持ちいただき、申請します。

判定を受ける場所(児童相談所、あるいは総合療育相談センター)と、手帳の申請をする場所(障がい福祉課)が異なりますので、御注意ください。

 申請から、概ね1ヶ月程度しますと、神奈川県から療育手帳が交付されます。障がい福祉課から、交付された旨のお知らせをお送りしますので、障がい福祉課の窓口で受け取ってください。

こんなときは

1.御本人の状況が変化した場合は・・・

 療育手帳の交付を受けた後、あるいは判定を受けた後で、御本人の状況が変化した場合は、あらためて判定を受けることができます。手続きの窓口は、上記のとおりです。なお、18歳未満の方については、「再判定」と呼ばれる制度があり、前回の判定から一定期間を置いて、再度判定を受けていただくことになります。

2.療育手帳を紛失・破損してしまった場合は・・・

 このような場合は、御本人の写真(概ね上半身が写ったもの、大きさは縦4cm×横3cm)を障がい福祉課へお持ちいただき、再発行の手続きをしていただきます。概ね1ヶ月程度しますと、療育手帳が再交付されます。

3.住所や自分の名前が変わった場合は・・・

 引越し等で住所が変わった場合や、婚姻等でお名前が変わった場合は、障がい福祉課で変更の手続きを行なってください。特に、平塚市外へ転居される場合や、市外から転入された場合は、手続きをしていただかないと、それまで使うことのできた制度が使えなくなる恐れがありますので、必ず元住所地・新住所地の両方で手続きしてください。

4.療育手帳を返還する場合は・・・

 お亡くなりになった場合、あるいは判定の結果により療育手帳の対象ではなくなった場合は、必ず障がい福祉課へ療育手帳を返還してください。
 返還の手続きに必要なものは、以下のとおりです。
  • 療育手帳
  • マル障医療証(対象の場合)
  • 心身障害者福祉手当のお振込みがある場合、御本人名義の口座が凍結されている場合もありますので、代わりに振込むための口座番号を御用意ください。

その他の減免制度等の廃止申請

 自動車税の減免、水道・上下水道の減免等を受けていた場合は、あらかじめ廃止申請をされてからお出でください。 

制度案内

障がい福祉課で発行している制度案内の冊子は次のリンクからダウンロードができます。

『障がい福祉の制度案内』(pdf:2MB)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

障がい福祉課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8774

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?