風水害に備えて

情報を集めよう

 予測の難しい地震と違い、台風や豪雨は、時期や規模などがある程度予想ができます。
 最近では崖崩れや土砂災害ばかりではなく、都市型水害(地面がアスファルトで覆われているため、雨水が集中してたまると、下水が逆流するなど)の被害も発生します。
 気象情報をよく確認し、テレビ、ラジオ、電話(177)などを利用して情報を集めることが、まず重要です。

 平塚市洪水ハザードマップ(相模川・金目川水系)のページへ

家の周りの安全点検

 もし、台風などが自分の家の近くに通るときには、被害を最小限にくい止めることが重要です。家の中や周囲の点検をして迎え撃ちましょう

<ポイント>

  • アンテナの支線を強化する。
  • ベランダにある物干し竿や鉢植えなど飛ばされる危険のあるものは室内へ。
  • 雨戸が飛ばないよう補強する。また、雨戸のない窓は飛来物による破損が無いよう外側から板を張るなどの処置をする。
  • プロパンガスのボンベの安全点検をする。
  • 商店などでは、看板の補強、自動販売機が固定されているか確認する。
  • 停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオを準備しておく。
  • 断水に備え、飲料水を確保する。
  • 浸水の恐れがあるところでは、家財道具を高い場所へ移す。
  • 納屋や物置小屋などの危険物(農薬、塗料、殺虫剤など)の漏れ出しがないよう点検する。
  • 家庭の排水を控える(下水の処理能力を高めるための協力)

被害にあった時は

 台風や豪雨が過ぎても危険が潜んでいます。地域の人々とも協力して次のような安全点検をしましょう。また、浸水した後は、衛生対策を忘れずにしましょう。

<安全点検のポイント>

  • プロパンガスのボンベに異常は無いか。(安全確認できるまで、たばこなどの火気は厳禁です) 

 もし、あったら!→周りに注意を呼びかけ、プロパンガス取扱店に連絡しましょう。

  • 危険物(農薬・塗料・殺虫剤など)のもれだしがないか。

 もし、あったら!→周りに注意を呼びかけ、必要に応じ消防等に通報して適切な処理をしましょう。

  • 屋根上に落下物の危険性はないか。

 もし、あったら!→速やかに撤去、または補修しましょう。

  • 電線が切れていないか。

 もし、あったら!→子供をはじめみんなに接近しないよう注意を喚起し、電力会社に通報しましょう。

 
 

 <衛生点検のポイント(浸水した場合)>

  • 床下・庭・家周りに石灰をまいて消毒しましょう。
  • 床上浸水の場合は、畳や食器棚、食器類などをクレゾール石けん液等で十分に拭き、日光消毒をしましょう。
  • 井戸水の生水は、飲まないようにしましょう。

土砂災害について

り災証明書の発行は?

り災証明書とは、台風や地震等の災害による家屋等の被害に関する証明書で、主に家屋に関する保険の支払請求等で使用されます。
り災証明書が必要になった時は固定資産税課までご連絡ください。

 

被災者の救援

平塚市では福祉総務課で、自然災害や火災等の被害を受けた方に弔慰金や見舞金を支給しています。
詳細につきましては、 平塚市福祉総務課被災者支援のページへ

このページについてのお問い合わせ先

災害対策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
直通電話:0463-21-9734
ファクス番号:0463-21-1525

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?