平塚市こくほの健診(特定健康診査)

最終更新日 : 2018年11月1日

 平成30年度の受診券は、平成30年5月25日に発送しました。
 こくほの健診は6月1日より受診できます。対象の医療機関で予約してください。

 

「平塚市こくほの健診」 ここがポイント!!

  • 健診料9,082円が、自己負担500円で受けることができます!
  • メタボリックシンドロームに的を絞った検査項目!!
  • がん検診(肺がん、大腸がん検診)も同時に受診。(施設によって異なります)

平塚市こくほの健診(特定健診)を受けよう!!

夫婦でいっしょに特定健診に行こう ロングVer.(5分 外部リンク)

夫婦でいっしょに特定健診に行こう ショートVer. (15秒 外部リンク)

夫婦のコミカルなやり取りに丁寧な説明を組み合わせて、特定健康診査を受診する必要性がよくわかります。

平塚市こくほの健診

 「平塚市こくほの健診」は、平塚市特定健康診査の愛称です。

 こくほの健診は、生活習慣から起こりうる、糖尿病や高血圧、心臓病などの生活習慣病の前兆となるメタボリックシンドロームに着目して病気の芽を摘むことを目的とした健診です。
 
 健診受診後は、健康づくりに役立つ情報提供のほか、必要な方には保健師、管理栄養士などが個別に、健診データの見方や生活改善を一緒に考える保健指導を行い、皆様の健康づくりのお手伝いをします。

 生活習慣病は初期段階では自覚症状が少なく、気が付いたときには重症化していることもある恐ろしい病気です。予期せぬ「まさか・・・」を防ぐため1年に1回は健康診断をうけ、自分の身体の状態を知っておきましょう。
 
 また、さらに詳しく健康診断を受けたい方は、「平塚市こくほの人間ドック」もあります。平塚市こくほの健診の代わりに受診することができます。
  • 受診券は、ご本人のみ有効です。譲渡・貸与はできません。
  • 同じ年度内で平塚市こくほの健診と平塚市こくほの人間ドックの両方を受けることはできません。
 

平塚市こくほの健診を受診できる方

 平塚市国民健康保険に加入している40歳から74歳までの方 (昭和18年6月2日から昭和54年3月31日に生まれた方。)
 ・ 受診日当日39歳でも平成31年3月31日時点で40歳になる方は、お誕生日前でも受けられます。
 ・ 実施期間中に75歳になる方は、誕生日前日までに受診してください。
 (誕生日以降は後期高齢者医療制度に移行するため受診できません)

 
<平塚市こくほの健診の対象外の方>

  • 妊産婦
  • 病院または診療所に6か月以上継続して入院している方
  • 障害者支援施設に入所している方  
  • 有料老人ホームの一部、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、介護保険施設等の施設に入所している方など

 平塚市国民健康保険以外の健康保険に加入されている方


 被保険者証に記載されている保険者(健保組合、共済組合など)が特定健康診査を実施します。受診方法や実施時期などは加入している保険者にお問い合わせください。
 
 社会保険への加入などにより、こくほの健診受診日よりさかのぼった日付で平塚市国保を脱退された場合は、助成した金額を全額返還していただきます。ご注意ください。

 
 

受診期間

 
 平成30年6月1日から平成31年3月31日まで
 
 期間外に受診した場合、助成を受けることはできませんので、ご注意ください。

 

自己負担金

 500円 
 

 自己負担の免除

  市民税非課税世帯に属する方は、申請により費用が免除されます。受診時にご提示ください。
 受診後の免除申請は受け付けませんので、注意してください。
 
(1)平塚市保健事業受診者負担金免除申請に係る市民税非課税証明書
   6月1日以降、市役所固定資産税課及び市民窓口センターで、無料で発行できます。
  
(2)介護保険料納入通知書(所得段階区分が第1段階から第3段階の方)
   毎年65歳以上の方へ平塚市介護保険課から送付している通知書です。
   受診時点で最新のものを提示してください。
   介護保険納入通知書を紛失された場合は、再発行できません。
   (1)の市民税非課税証明書を用意してください。

 

受診方法

1.「平塚市こくほの健診(特定健康診査)受診券」をご確認ください。

 4月1日時点で平塚市国民健康保険に加入されている方には、ピンク色の封筒で受診券が郵送されます。

 4月2日以降に平塚市国民健康保険に加入された方は受診券の交付申請が必要です。 
下記リンク先より申請書をダウンロードして、郵送していただくか、保険証を持参し、給付担当窓口(113番窓口)にて申請書を提出してください。 
申請書(PDF143KB)
記入例(PDF196KB)

 郵送先    254-8686
          平塚市浅間町9番1号 
          平塚市役所保険年金課 給付担当

2.実施機関へ予約をします。

3.受診日当日は、実施機関へ被保険者証を示し、受診券を提出してください。
 

検査項目

 
 平塚市こくほの健診の検査項目(PDF158KB)から検査項目がご覧になれます。  
 

実施機関

 
 実施医療機関一覧表(PDF346KB)から受診できる医療機関をご覧になれます。
 

勤務先の健診を受ける方へのお願い

 
  平塚市国民健康保険の資格がある期間に職場等で健診を受けた場合は、その内容(健診結果)を平塚市に提出していただくことにより、こくほの健診を受診したこととみなすことができます。
 ご提出後、平塚市より結果票を送付させていただき、必要な方には保健指導を案内します。
 
 必要な検査項目は、平塚市こくほの健診の検査項目(PDF158KB)をご覧ください。(血清クレアチニン、血清尿酸、心電図検査、貧血検査、眼底検査はなくてもかまいません)
 検査項目が足りない場合は、足りない状態での結果票になりますので、ご了承ください。

 質問票が無い場合は、質問票(PDF120KB)よりダウンロードし、健診結果と一緒に提出してください。質問票は窓口でもお渡しできます。
 
  提出先  平塚市役所保険年金課給付担当(113番窓口)  
  
 

受診券を紛失・破損等した場合の再交付

受診券を紛失・破損等してしまった場合は、申請書を平塚市保険年金課にご提出していただくことで、再交付することができます。

下記リンク先より申請書をダウンロードして、郵送していただくか、保険証を持参し、給付担当窓口(113番窓口)にて申請書を提出してください。
また、ご郵送での申請の場合1週間程度お時間がかかる場合もありますので、ご了承下さい。 


申請書(PDF142KB)
記入例(PDF195KB)

郵送先 254-8686          
平塚市浅間町9番1号           
平塚市役所保険年金課 給付担当

こくほの健診受診後

 健診結果は、医療機関から平塚市へ送られ、受診から2から3か月後にご自宅へ結果票を送付します。受診結果から必要に応じて生活習慣の見直しを管理栄養士と個別に相談できる特定保健指導をご案内し、皆様の健康づくりのお手伝いをさせていただきます。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8776(給付担当) /0463-21-8775(保険税担当) /0463-21-8777(国民年金担当) /0463-21-9768(後期高齢者医療担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?